​感染症回復後の登園「意見書」(医師記入)
子どもの健康回復状態が集団での生活が可能な状態となってから再度かかりつけ医に受診し医師の指示に従うとともに意見書の提出をお願いします。​
<医師記入の意見書を求める感染症>
麻しん(はしか)・インフルエンザ・風しん・水痘(水ぼうそう)・流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)・結核・咽頭結膜炎(プール熱)・流行性角結膜炎・百日咳・腸管出血性大腸菌感染症(O157、O26、O111)急性出血性結膜炎・髄膜炎菌性髄膜炎
乳幼児がよくかかる下記の感染症については、登園のめやすを参考に、かかりつけの医師の診断に従い、登園届の提出をお願いします。
<医師の診断をうけ、保護者記入の登園届を求める感染症>
​溶連菌感染症・マイコプラズマ肺炎・手足口病・伝染性紅斑(リンゴ病)・ウィルス性胃腸炎(ノロ、ロタ、アデノウィルス等)ヘルパンギーナ・RSウイルス感染症・帯状疱疹・突発性発しん
感染症回復後の登園「登園届」(保護者記入)
​与薬に関する主治医意見書(医師記入)
神戸市の就学前施設では、原則として与薬代行を行っておりませんが、抗痙攣薬のように時間与薬の必要な薬剤、食事関連性の強い薬剤、痙攣治療薬、食物アレルギー症状発現時の頓服薬、皮膚疾患治療薬など、医師が特に必要と認めたものに限り与薬することにしています。つきましては、かかりつけ医に記入してもらい提出下さい。
外用薬の与薬代行を依頼する場合は必ず与薬依頼書を添付してください。与薬の責任は保護者と致します。
与薬依頼書(外用薬)
与薬依頼書(内服薬)
内服薬の与薬代行を依頼する場合は必ず与薬依頼書を添付してください。与薬の責任は保護者と致します。